葬儀社を選ぶ際のポイント

たくさんある葬儀社からどのように選んだらよいのか?

124時間対応してくれるか

ご不幸はいつ突然訪れるか分かりません。
緊急の際でも時間帯に関わらず迅速・丁寧に対応してくれるか、24時間体制でご葬儀のご依頼・ご相談を受け付けているか。

2価格が明確で、内容について提示や説明がされているか。

見積書に表記されていない費用を葬儀後に請求される、見積書の金額と請求金額が全然違う
(高額になっている)などのトラブルが良く聞かれます。
事前見積りや事前相談を受け付けているか。
葬儀内容についてきちんと提示や説明がされているか。

3遺族の意向や希望に誠実に答えているか。

葬儀の規模・形式・内容など、ご遺族のご意向・ご希望に沿って進められているか。
ご家族の意思に沿った提案や選択肢があるか。

4対応は丁寧で親身になってくれているか。

故人の尊厳、大切な方を亡くされた遺族の悲しみに配慮し担当者の対応などは丁寧で親身になってくれているか。

5ホームページだけのネット業者でなく葬儀社として店舗や事務所、
ホールを持っている。

昨今、店舗を持たない、事務所は自宅にあり営業は主にホームページなど、いわゆるネット業者が驚く程増えております。
それに伴い葬儀後のトラブルも多数発生しているのも現状です。
葬儀社を選ぶ際は、よくご検討される事をお勧め致します。

6「病院出入り」の葬儀社だからと言って安易に決めない。

病院から紹介される葬儀社が必ずしも良い葬儀社とは限りません。
葬儀の内容に納得行かなければ断る事も可能です。
正式に依頼する前によく相談してから決めましょう。

7厚生労働省認定「葬祭ディレクター」の有資格者がいるか。

葬祭ディレクターは、葬祭従業者を対象に1996年から始まった葬祭ディレクター技能審査制度です。
1級と2級がありますが中でも1級は、技能・経験・心配りなどのあらゆる面で、葬儀を執り行う能力がトップレベルであると認められたものに与えられる最高位の資格です。
この葬祭ディレクターがいるかいないかも、葬儀社選びの一つのポイントです。

8寝台車が常備されているか。

ご遺体を移動させる際に、葬儀社が寝台車を保有していれば迅速に対応が出来ます。
もし寝台車を保有していなければ、ご遺体のお迎えに時間が掛かったり料金が追加になったりとする場合があります。

※上記項目は必ずではありません。参考程度にお考え下さい。

斎場のご案内

公営斎場どちらでも地域を問わずご葬儀を執り行わさせていただきます。

千葉
ページトップへ